お問い合わせ

賃貸事業計画

建物管理・共用部管理

共益費にて運用またはオプションにて承ります。

定期的に建物のチェックを行い、点検・報告を行ないます

優良入居者に永くお住まいいただくには、気持ちよく暮らしていただく環境を提供することが大切です。
当社にて共益費を運用させて頂く場合には、共用部電気・水道料金支払いや各共用設備の維持管理メンテナンスはもちろんのこと、物件の美観維持を重点項目として捉え業務に取り組んでおります。
近年の賃貸経営においては、美観維持が入居率に直結する重要事項とされており、当社では定期清掃に力を入れるとともに、『放置物撤去巡回システム』を構築し導入しております。

放置物撤去巡回システムにより美観維持に努めます

ゴミ問題は社会問題にまで発展しており、常にきれいにしておかないと「ゴミがゴミを呼ぶ」状態となり、物件が不法投棄の標的にされてしまいます。
そこで『放置物撤去巡回システム』を構築・導入することにより、物件の美観維持に成果を上げています。

《放置物撤去巡回システムの流れ》
  1. 敷地内及び共用スペースの放置物に「専用シール」を貼り、写真を撮ります。
    ※ゴミ置き場の未回収放置物はその場で撤去します。
  2. 全入居者様に「放置物撤去予告通知書」や「放置自転車撤去予告通知書」等で連絡し注意を促します。
  3. 告知後、撤去されていない放置物については所有者不明と判断し廃棄処分をいたします。

※共益費を家主様にて運用なさる場合においても、定期清掃・放置物撤去巡回システム等はオプションにて別途承ります。
  また定期清掃を行わない場合においても、2ヶ月に1度の点検結果を外視点検報告書として提出します。

《点検項目》
  • 建物の状態
  • 消火器の状態
  • ゴミ・雑草の状態
  • 自転車置場の状態
  • 放置物の有無
  • 看板の状態
  • 共用灯・外灯の球切れ
  • その他

これらを確認し、不良状態の箇所は写真撮影し、一緒に添付して報告します。

美観問題もこれでOK!!

~市が変われば、ゴミ出しも。正しいゴミ出しを正確に伝えます~

オーナー様の財産である建物を,いつまでも資産価値の高いものに保つためには、そこに住む入居者の協力なしでは実現しません。

マナーを守って気持ちよく住んでもらうためには入居者教育が必要不可欠です。
そして、入居者教育の場面は入居直前の鍵をお渡しする際が絶好の機会となることは間違いありません。

そこで、当社では鍵をお渡しする際に充分に時間をかけて、ゴミの出し方を説明するようにしています。
このために鍵をお渡しする際に要する時間がたとえ倍になったとしても、後々のトラブル発生を考えたり、建物の美観維持を考えると安いものとなっています。

当社では、ご契約者が入居する際には当社に来ていただき、専門スタッフによりきめ細かなゴミの出し方説明を実施しております(※外国人の方にも説明をおこなっております)

page top